2007年03月17日

ふざけんな!!!!

人気blogランキングへ





みんな、聞いてくれ。







オレは今日、めっちゃ恥かいた。






おいおい今日は昼の12時過ぎから更新かよ、と思わず、耳を傾けて欲しい。







今日、マジで恥かいた。ってか、超気まずい雰囲気を体験してきた。
















事の起こりは朝8時45分。






今日は練習会。しかもウチから程近い、隣駅の大学での練習。






ってことで、オレは自転車で練習開始の15分前、8時45分に大学に到着しました。








ちょっと遅かったかな?と思いつつ、徒歩でグランドに直行し、グランドが見えてきたあたりでおなじみのジャージが見えてきました。






あ、ちゃんとみんな来てるな。ってかオレ最下位か。なーんて独り言言いながらグランドに入ると・・・
















あれ?誰もいないじゃん・・・。








えぇ、ウチの高校の生徒はいましたよ。でも、他の高校が全然見当たらない。






それでも、まぁどっかにいるだろ、と漠然と考えるでしょ、普通。でも部員が来て、





『SKY、どこの高校もいないよ。』





と言い放った・・・・・・。



















でも、まだ15分前だし、しばらく待った方がいいだろ、ってことでしばし待機。






その間、我がケータイに入ってる、あらゆる東部地区の知り合いに電話。親にまでしました。しかし誰も出ない。

(ま、だいたい時間的にどこも練習開始の時間だから出るわけないよね。みんな、ご迷惑おかけしました。すまん。)












で、8時53分。






一向に誰も来ず、むしろ大学生が練習の用意(ハードル出したり)しだしたので、これはヤバイと先生に電話。








あ、言うの忘れたけど、実は今日、各ブロックに分かれての練習でした。短距離は上尾、投擲は・・・どこだろ?ってな感じで。


つまり、中長班長のオレが、ま、リーダーだったので先生に電話したわけです。











『ガチャ・・・はい。』





「あ、先生ですか?SKYです。」




『どした?』




「はい、実は、大学に今いるんですけど、誰もいないんですが・・・どうしたら良いでしょうか。」




『・・・は?』




「あ、いえ、あのーつまり、誰もいないんですが・・・。」





『・・・え?何だそれ?誰もいないのか?』





「はい。というよりも、大学生が練習の準備しています・・・。」




『・・・マジで?・・・ちょっと待ってろ。ガチャ・・・ツーツー』















いや、俺らが『マジで?』なんですけど・・・。ってか困ったな・・・。

















着信音(Leave Get Out / JoJo)が鳴る。







「ピッ・・・もしもし。」





『おぉ、あのさ、場所間違えた。






























は?























『え?○○高校。今からそっち行ってくれ。15分くらいだろ?・・・うん、そう。・・・あぁ、じゃな。・・・ガチャ・・・ツーツー』





















はぁ?










おいおい、なんだそれ?






場所間違えたって、おいなんだそりゃ。





しかも今から行けって・・・15分じゃつかねーぞ、20分はゆうにかかる。




ってか、詫びのひとつくらい入れろよ!














その高校、同じ市内にある私立高校で、自転車で5〜6分。徒歩だと20分はかかるところ。






で、今の時間8時55分。





練習開始5分前・・・。


















いやー、ヤル気が失せたね。






もうマジで帰ろっかな・・・って思ったくらいだから、うん、それくらい。








でもま、んなわけいかないんで、ひいていたシートたたんで、すごすごと大学から退散。






これ、めっちゃ恥ずかしかった。大学生の『何だお前ら?花見か?』みたいな視線を放射能的に浴び、小ネズミのように逃げていく。あぁ、想像するだけでいやだ。










で、高校への道のりでは、まぁ地元という事で自分が先頭で歩いたわけですが、

もちまえの方向音痴ぶりを、これ以上ないってくらいいかんなく発揮して、20〜25分くらいで高校までたどり着きました。


















こっからが一番恥かいた。









フェンス越しに東部地区の生徒さんたちがジロジロと見ているではないか!






もしやこれは、オレたちを待っていた、という事か・・・?









急いでチャリ置いてグランドに直行。そのとき知り合いがいたので、







『ねぇ、もう練習始まってる?』と訊いてみたところ、






『うん、でも、アップがなかなか始まらないみたい』なーんて言うから赤面!









で、即行でその高校の先生のところに集合。






が、謝る暇すらなく先生はおっしゃりました。






『ホントはもうアップしてる時間なんだけど、10分やるから準備しろ。ちなみにアップは4000mを3分40秒ペースだから。』
















やっちまったー!!!!






うわーオレらをやっぱ待ってたんだー!うわー。恥ずかしー!ッてか気まずいー!




ってか、4000m3分40秒ってアップにしちゃやけに速くないっすか?


オレは大丈夫だけど、何人かには本練習のレベルだぞ!?それを10分で?いや、もう7〜8分しかねーぞ?




あ、いや、それよりも、そこのあなた!ジロジロ見ないでください!マジでゴメン、謝るから!



















そんなこんなで、9時30分きっかりにアップが始まったわけです。






もちろん、完全なるアップ不足ですよ。もちろん。






しかもそのあとのメニューとか全然知らなかったから、あてなき道を行く放浪者のような気持ちでしたねー。





ま、知り合いから情報を収集して、なんとか乗り越える事ができましたが、うん、ねぇ。



















東部地区の皆さん。ホントすいませんでした。




心から謝罪の意を表明します。ごめんなさい。















練習終了後、指導してくださった先生のところに行って謝っときました。

みんなで行くのもちょっとアレかな?と思ったので、自分ひとりで。こういうの慣れてるし。







まぁ、いいお人だったので、責められることもなく、逆に、また練習に来てくれとまでおっしゃっていただきました。





ホント、すいませんでした。




















で、練習終了を告げるために先生に電話。









『ガチャ・・・はい。・・・あぁ。・・・うん。そうか。何やったんだ?・・・おぉ。お前のタイムは?・・・いいじゃないか。他のみんなもそんな感じ?・・・そうか。分かった。じゃ、気をつけて帰れよ。あ、今日場所間違えて悪かったな。みんな怒ってないか?・・・そうか、じゃあな。・・・ガチャ』


















やばいっす。叫びたかったっす。
















と、まぁ帰宅後すぐにパソコンに向かったSKYRUNNERです。















まったくもって、ここまで恥かいたのはそうねーぞ。







もう、マジで恥ずかしく、気まずく、・・・アレな午前中だったな。







くそ。これ書いてたら腹が減ってきた。







メシ喰お。






人気blogランキングへ
posted by SKYRUNNER at 13:14| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝えたいコト 〜自信作〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホームで練習遅れるならまだしもアウェイみたいなところで練習遅れると・・・・きついですね。それは確かに恥ずかしい。
Posted by at 2007年03月17日 23:54
>>暁さん

全くです。

もうないようにして頂きたいです。
Posted by SKYRUNNER at 2007年03月20日 18:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36168701

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。