2009年07月04日

一気に色を帯びて

人気ブログランキングへ






今日、本屋で立ち読みしてたんだけど、自転車雑誌でツーリングが紹介されてて、完全に感情移入してしまいました。











自転車旅行いきてーーーー!!!!!!






あー行きたい。遠くまで自転車で走りたい。ツーリングがしてみたい。





最近は全く自転車の話題がない風のごとくなんですが、僕の中で自転車の炎は以前同様メラメラと燃え続けています。






最近、愛機であるロードレーサーSCOTT君をフラットバー化して、街乗り専用にしました。理由は通学で使うため。






おかげで通学最強最速最楽モードです。学校行くのが楽しくて仕方ない。※通学時間のみ






ですが、「フラットバー化=ロードレーサーではない」ということですので、若干残念な感じがしますね。ごめんよ、格下げしてしまって。(格下げというのかは不明だけど)










ま、それはおいとくにして、今日見たツーリングの特集は、ホントに羨ましく思うなー。






僕の夢は『自転車で日本一周する』です。






自転車に目覚めた高1からの夢で、陸上にケリをつけたら絶対になんとしてもやってやりたい夢です。






理想としては在学中にやりたいのだけれど、今んとこ考えられないな。箱根に出るために全てを犠牲にする覚悟だし、箱根に出れて目標達成したとしても、お金が足りないと思う。






ま、実現可能かどうかは別の話としても、とにかく長距離ツーリングというものがしてみたい!数週間以上かけて、走ってみたいんですよね!







今日、その特集記事を見て、自分の夢が一気に色を帯びて目の前に現れた感じがしました。あぁ、マジで夏休み全部をかけてこの町を飛び出したい。
















いや、でも僕はまだそんなことを考えちゃいけないなぁ。






さっきも言ったように、僕は箱根に出るために全てを犠牲にするつもりだし、陸上以外のことには時間を使いたくないとさえ思うくらい。






だから、今はそういう趣味の夢は趣味の夢として捉えて、本当の夢を完全優先させていきたい。






で、その本当の夢を達成したら、今度は本気で趣味の夢を達成してやろうと思います。
















よってー、今やるべきことは練習!そして勉強!







明日は距離走だし、頑張らなきゃなー!

















でもま、僕の中で自転車は数ある趣味の中のNo.1であって、これがあるだけで生活が良いものにグッと変わる。だからある意味では絶対必要なもの。






夏休みは8月のお盆前に一回帰省できるのですが、そんときは自転車で帰るかな。で、自転車仲間のNと、一緒に日帰りツーリングしよう。






今から楽しみだ。






人気ブログランキングへ
posted by SKYRUNNER at 21:05| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、SKY君、いつもみています。
「箱根」期待しているよ、近年昭和40年代までに出場していた大学戻ってくるようになりました。頑張って下さいね。
ところで、ヤッソ800という練習をしているのだけれど、余裕があるときは、タイム設定を短くしたほうがいいのでしょうか、それとも本数を増やしたほうが良いのでしょうか、教えてくれないかな。
Posted by Baron at 2009年07月06日 20:04
>>Baronさん

返信遅れました。すいません。

初めて知りました、ヤッソ800。ランナーズに紹介されてたようですね。おもしろい練習方法(テスト?)です。

質問の内容についてですが、僕が言えるのは「目的による」ということまでです。
目的とは、『その練習を何のためにやるのか』『その練習にどんな効果を期待するか』などで、練習をするうえで目的が最も重要となるでしょう。
理由は、その日の練習をするとき、何を目的とするかで自然とメニューは決まってくるからです。

で、ヤッソ800についてですが、インターバルトレーニングですので、タイムを速くすればよりスピード重視の練習に、本数を増やせばより距離を走る練習になります。

タイムを速くしてスピードを重視する場合、練習の目的(効果)は、『キャパシティーの強化』となります。
キャパシティーとは、ここでは自分が走れるスピードの限界や領域としておきます。
よって、キャパシティーを強化すれば、それだけのスピード()にある程度耐えられるようになるはずです。(別の言い方をすると、乳酸を出しても大丈夫になる)
結果、マラソンなどでもある程度までスピードを上げられるようになります。これが効果です。

本数を増やして距離を踏む場合、目的(効果)は『有気的能力の強化』となるでしょう。
有気的能力は、長距離を走るときにメインエンジンとして働くエネルギー系統で、簡単にいえば、有気的能力が高ければ、長い距離を楽に走れるようになります。(スピードが出せるわけではない)
よって、有気的能力を強化すれば、よりマラソンなどの長距離を走れる足や心肺機能などの、走りきる絶対的な力を得ることが出来ます。これが効果。

おおざっぱで分かりにくいかもしれませんが、以上のような理論があります。
ですので、Baronさんはどっちの目的をとるかを選ぶ必要があるでしょう。
選び方には、自分が今必要としているものは何か、自分に足りないものは何か、など考えることに加えて、時期やタイミングが関わってきます。
レースまでまだ時間があるなら、原則的には基礎的な力を伸ばすべきなので、距離を増やしたほうが良いと思います。
逆に、レースが近くなってきたら、徐々にスピードを出せる練習をするべきです。それまでに練習して培われた基礎的な土台に、スピードがうまく乗ってくれて、レースで力を十分に発揮できるからです。

「まだレースまで時間があるし、今はしっかり距離を走れる土台を作るべきだな」
「長い距離を走ると後半つらいんだよな」
と思ったら本数を増やすべきかと思います。

「レースが近くなってきたし、そろそろスピードを強化してくか」
「自分には絶対的なスピードを出す力がないな」
などと思ったら、ペースを上げましょう。


難しいですね。分かりにくくてすいません。
長く書きましたが、大事なのは最後のとこでしょうか。それが理解できればOKだと思います。

質問や意見がありましたらまたコメントしてください。
Posted by SKYRUNNER at 2009年07月09日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。