2008年11月20日

好きです・・・付き合ってください。

人気ブログランキングへ







5:50 目ざましにより覚醒。















5:50〜6:20 夢をさまよう。




6:20 やっと起床。




6:30 家を出て朝練へ。




6:35 競技場着。




6:35〜7:10 ストレッチやらドリルやらジョグやら。




7:15 帰宅。




7:25〜7:50 朝食(米・納豆・野菜炒め)、ボーっとする。




7:50〜8:20 眠すぎたから布団で寝る。




8:20〜8:30 食器洗い→米とぎ→炊飯。




8:30 授業へ。




8:40〜9:40 授業(来年度の専攻についてのガイダンス)




9:45 2限テストだけど、部屋の掃除したかったから帰宅。




9:45〜10:00 部屋の掃除、他。




10:00 テストへ。




10:10〜11:10 テスト(教育心理学。A取れるかな・・・?)




11:15 帰宅。




11:15〜12:05 昼食(米・肉と野菜の味噌炒め←自信作・餃子・味噌汁)と食器洗い、ゴロゴロ。




12:05 テストへ。




12:15〜13:30 テスト(国語。かなり書いたぜ・・・)




13:30〜13:45 雑談。




13:45〜14:30 テスト(情報。1問ミスったww)




14:35 帰宅。




14:35〜15:30 パソコン(時間を無駄にした)




15:30〜16:00 ぼ〜っと。




16:00〜16:15 ストレッチ・体操




16:15〜16:45 ジョグ。宿舎→大学1周弱→競技場(途中でカギを閉めてくるの忘れたことに気づく。気にしない。)




16:45〜17:20 流しやらストレッチやら雑談やら。




17:30 帰宅。




17:40〜18:00 夕食(米・肉と野菜の味噌炒め←ry・味噌汁)



18:00 パソコン起動




18:10〜 ブログ執筆←今ここ


















っていう日でした、今日。






いや、何でこんなん書いたん?って言われても・・・別に・・・ww






だいたいこんな生活送ってます。毎日ほとんど変わらない。







ま、多くの大学生とはちょっと違う生活だろうな〜。普通、家帰んないもんね、昼。あと、授業10分前に部屋でるとか。






でも、うちの大学はこんな感じが多いと思いますよ。それゆえにいろいろ問題がありますがww





















最近、やっぱりこの大学が好きだ〜って改めて思うことが多い。







前も書いたけど、うちの大学はとてつもなく広いです。






移動が大変なのが難点ですが、広いから自然もたくさんある。







今はホントに紅葉がきれいです。みんな何気なく木のトンネルをくぐってるけど、前も後ろも横も上も下も、赤黄緑がすごい。






授業中、窓から見える木は、日に日に紅くなっていくのが良く分かったし、この頃は空気が澄んでいて近くの山がすぐそこにあるようにはっきり見える。







ジョグしてても、落ち葉を踏みしめて走るのがなんだか良い気分だし、色づいた葉がひらひらとたくさん落ちてくるのも乙なもんだ。あと、今日は夕焼けもきれいだった。








それから、高校まで、自転車を漕ぐのはほとんど朝と夜だけで、昼に漕ぐってことはそんなになかったんだけど、今はそれが日常茶飯事。





昼の景色って、こんなにきれいだったっけ?こんなに爽快になれるんだっけ?今日みたいな日は、そう思えて仕方無い。







おまけに、風呂あがりの銭湯から宿舎までの80mが、最高すぎる。風、空気、空、寒さ、何とも言えない気分になれる。









昔から、こういう生活がしたかったんです、自分は。一人暮らしも含めて、今、ホントにいい生活をしてると思う。







一人暮らしは何かと大変だし、大学での授業や生活でも困ることはあるけど、こういう心から最高だと思える瞬間があるから、やっぱこの大学が好きだ。








ここに来てよかった。頑張って良かったわ。



















陸上ですが、今日は調子が良かったです。







朝は重かったんだけど、午後はすげー軽かった。たぶん、ストレッチを入念にしたからだろうな。







レースは明後日。明日刺激入れて、本番です。







結構集中できてるから、今んとこ順調。とりあえず今は早く寝ることが大事かな。







頑張りますよ!


















では、また明日。








明日は教職論のテスト。何やりゃいいんだよ、ホント。






人気ブログランキングへ
posted by SKYRUNNER at 18:56| Comment(2) | 学校記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この前スマスマで高橋尚子選手に小出監督がメッセージを送ってました。それをみてて、高橋尚子の小出監督への感謝のきもちはもちろん小出監督は本当は高橋尚子を手放したくなかったのかな…というのを改めて強く感じました。
チームQはベテラン揃いで知識が小出監督に劣るとかそういうことはないと思います。ただ、それでも監督から離れるのは高橋尚子にとってマイナスだったのでは…と思います。ただし、小出監督がたくさんの選手をみさせられてたのを考えておかねばいけませんが。
あるいは、選手にとっての監督、監督にとっての選手という感覚はずれることもしばしばあるのかもしれません。
陸上における監督は他のスポーツとはちょっとちがうと思います。でも、陸上における監督ってなんなんでしょう?トップアスリートには監督なしでやっている人もたくさんいます。そもそも、監督とは指導者と同じなんでしょうか?
僕の部活は監督はいないので部活のOBが指導者…にあたると思います
Posted by オセロ at 2008年11月27日 22:35
>>オセロ殿

選手と監督で意見が衝突することは、珍しいことじゃないと思いますよ。
中学高校ではあまりないかもしれませんが(自分はありました)、大学や実業団ではある意味日常茶飯事かもしれません。

ただ、最近自分が思うのは、選手も監督も、知識や情報をもっと取り込むべきだってこと。
お互い、切磋琢磨して勉強して、陸上競技を体だけではなく頭も極めるべきだと思います。
それでいろんなことが分かってくるし、そういう上で選手と監督が正面からぶつかる、ってのが理想形な気もします。

監督と指導者は、・・・同じですかね・・・(?)
ただ、どちらにしても、前述のとおり勉強して、自信を持って指導しなければならない存在ではあるでしょう。
そして、選手はそれをただやる存在であってはならない。

難しいですね。
Posted by SKYRUNNER at 2008年11月28日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。