2008年08月06日

一流

人気ブログランキングへ







あー、もー最悪。
















足の調子がおもわしくありません。








ケガして1週間は良くなっていくのを感じたんですが、この1週間は全く感じられません。








朝は少し音がする。歩くのは支障ないけど、階段降りるとピリッとくる。ジョグ(ジョギング)は1分で終了。







うなだれて補強に励むオレ。走れる人がうらやましすぎる。


















ホントは11日から高校の合宿に参加するはずだったんですが、たぶんこれじゃムリですね。








今日か明日にでも、先生に電話しないと。









悔しすぎる。










実は、結構楽しみにしていました。








先月、母校に行ったとき先生に誘われて以来。ワクワクする気持ちに似たようなもの。






たぶん、たくさん理由があると思う。








まず、後輩とまた走れるってこと。




嫌でも毎日一緒に走ってたやつら。




そいつらと走れるのも、もうそんな機会がない。



走りたいに決まってる。









それに、新入生とも知り合っておきたかった。




OBが母校の後輩を知らないなんて嫌だし、後輩が僕らの時代、僕らのことを知らないっていうのも嫌だ。








そして何より、あの蔵王に行きたかった。





自分は、あの場所がホントに大好きなんです。




中学の時も合わせて4回行った蔵王。その全部が同じ宿で、同じ練習場所で、同じ景色が広がっていた。




将来はここに住みたい!って思ったほど。そんくらいあの場所へ行けることが楽しみだった。













それが行けないってなると、もう悔しすぎてたまらねー。

















後輩には悪いことをしたかもしれないなぁ。







彼らが自分が来ることを少しでも楽しみにしていてくれたのであれば、ホント申し訳ない。ごめん。







むしろ、そうじゃなかったってことを願いたいくらい。自分が来なくなって嬉しがってくれる方がまだ自分にとってはいい。








先生にも、失礼なことをしてしまった。ごめんなさい。



















ケガをするって時点で、オレは『一流』ではないと思う。








一流の選手ほど、ケガに悩まされてるんだ、っていう人もいると思うけど、オレはそうは思っていない。







ホントに一流は、ケガをする前に練習をやめる勇気をもっている。




ケガを誘発するようなことはしない。




アップ、ダウン、ケアは完璧にするだろうし、練習以外の生活も、すべてが競技につながっているはず。








だから、絶対ケガはしない。ケガするわけない。















理想論だって言われてしまえば、それで終わりだろうし、そんな人いないって言われたら、やっぱりただの理想である。







でも、目指すべきはここであろうし、たどり着かなくてはいけないのも、ここのはず。










ケガをした自分は、それに失敗していたってこと。





実際、アップやケアを少し怠っていた気がするし、練習をやめる勇気がなかった。





自分は、まだまだ二流、三流だったってこと。



















最近、部活にめんどくささを感じている自分がいる。







行っても補強しかできないし、走って汗流している人をまざまざと見せつけられるだけ。







そりゃ嫌になるよ。ひとっつも楽しくねーもん。








気分は最悪。あー。

















でも、励ましのコメントには救われています。







ホント、ありがとうございます。とってもうれしいです。







励まされるたびに、『また頑張れるかな』って思えてくる。
















世の中には、自分より苦しんでいる人はたくさんいる。






それは十分分かってる。実際、自分がつらい今、それを良く思っては、俺はまだまだだって感じる。









とにかく早く治す。








愚痴言ってるヒマがあるなら、補強でも勉強でもしろってこと。








だな。















では。







人気ブログランキングへ
posted by SKYRUNNER at 18:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 練習記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
弱いくせにさらに怪我をして3年の夏をふいにした5流選手の自分が、尊敬する先輩にアドバイスをするのは何かもしれませんが・・・。

早く治すことに躍起になってはいけません!
大事なことは、心に余裕を持つ努力をすることなんだと思います。

怪我が治らないと、どうしても焦ります。そこでどれだけ心に余裕があるかが、選手の差なんだと思います。

今考えると自分は怪我の治療の途中で完全に冷静さを失っていました。それでいつの間にか怪我が長引いてしまいました。

長々とすいません・・・。そんなことわざわざ言わなくても先輩は分かってますよね。

先輩がまた走れるように祈ってます。
Posted by WE WILL ROCK YOU!! at 2008年08月06日 21:16
先輩と合宿で走れないのは確かに残念ですが、合宿以外でも一緒に走れる日はまたくると思っています。

先輩の怪我が長引く方がもっと嫌です。怪我の方は無理をしたら本当に一生走れなくなるということもあると思うので。


焦らずにゆっくりと治していって下さいね。


そして、どうぞまたいつか一緒に走りましょう!

Posted by デルモ at 2008年08月06日 22:16
>>WE WILL ROCK YOU!!殿

最近、心に余裕(あきらめ?)が出てきて、治り具合も一気に良くなった。良かった〜。

たしかに分かってはいる事だけど、こういうことは人に言われると改めて実感できるし気付かされもするんだよ。
ホント、ありがとう。こういう言葉がオレを元気にしてくれるんだぜ。

勉強頑張れ!


>>デルモ殿

ホント残念だよ〜。ごめんな〜。

あせらず、じっくり頑張ります。

合宿頑張れよ!オレの分まで蔵王を満喫してきてくれ!
オレは自転車で走りまくるから!
Posted by SKYRUNNER at 2008年08月12日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。