2008年07月02日

存在

人気ブログランキングへ






昨日はすんません。







部屋帰ったのが12時過ぎてて、書く気がおきませんでした。















実はね、練習が終わってから、隣町の銭湯(『湯楽の里』)で風呂入ってたんですよww







練習終わったとき、先輩が誘ってくれて、先輩の車で行きました。







10時過ぎから、1時間くらい。その後、座敷でストレッチして、帰ったのが12時30分くらいだったかな。








楽しかったわ〜。やっぱ、スーパー銭湯はいいわ〜。






いろんな風呂あるし、露天はあるし、超冷たい水風呂もある。






今度また先輩に連れてってもらお。移動費浮くしな、ゲヘヘh(殴




















で、昨日の話。








昨日はめちゃくちゃ良い練習ができました!







いわゆるインターバルです。5本で、ちょっとリカバリが長いけど、その分ペースを速くして挑みました。





って言っても、高校の時だったらなんとかこなせるようなペース。でもやっぱ、相当ツラかったです。
















内容。








1本目からかなりツラかったです。





ま、結構ペースが設定より速かったってのもあるんだけど、いきなり体中が乳酸状態。






2本目、3本目はなんとかこなすものの、4本目でついにペースダウン。





設定より5秒も遅くなってしまいました。
















でも、こっからが、昨日は良かった。







最近、自分が追い込めないってのが自分の最大のダメなところだって痛感していました。





だから、昨日はやる前から『絶対にあきらめない!』って思って臨んでいたんです。





4本目はどうしても離れてしまったんですが、5本目までのリカバリの間『絶対離れない!負けてたまるか!』ってことを自分に言い聞かせて、スタート。






もうめちゃくちゃツラかったです。






400m通過して、ジリジリッと離れたときなんかは、『あー!ダメダメダメダメー!!!!』って感じで、超必死でしたねww





結局、設定より1秒だけ遅いタイムで終了。うわー、我ながらお疲れさん。
















でも、昨日良かったのはそれだけじゃないんです。







そのメニューを一緒にやったのは、同じ代のやつでした。







そいつ、誰もが認めるめちゃくちゃ速いやつで、最近の自分の目標です。








で、練習終わった後に思ったのは、たぶん、あいつがいなかったら絶対タレてたし良くない練習になってたな、ってこと。







全部彼に引っ張ってもらったんですが、最初っからしっかり飛ばしてました。






ペースを気にしないわけじゃないけど、手を抜く走りではない感じ。つまり、ラクしようとしてる走りじゃないんです。






練習では、いかにラクして走るかってことを常に意識してしまいがちですが、そうではなくて、自分をしっかり追い込んでいくってことも絶対忘れてはいけないと思うんです。






彼はそういう雰囲気を出していました。







で、自分は、それを後ろから感じて、『おれも負けられねー』って思えた。






たぶん、そういうのを感じたことある人は分かると思うけど、共に頑張る人の気迫を感じると、自分までもがやる気になるんですよね、ホント。










あと、自分を励ましてくれました。







走ってる最中もリカバリの最中も、声掛け合ったり、少しアドバイスくれたり。





とくにラスト1本は、そのラスト400mのところで『パン!』と手を叩いてくれて、そこからお互いスパートを意識することができました。






そういうのがあると、乗り越えられない練習も乗り越えられる気がします。






ほんと、ありがとう。(例の関西風ww)





















今思ったけど、高校の時はそういうのが毎日だったから、自分を追い込めていたのでしょうか。







つまり、常に自分と同レベル、あるいは上のレベルの人がいて、お互いがお互いを意識しあい、本気で練習に取り組めていたから、自分に対して妥協しなかったってことでしょうか。








やはり、そういった環境では、強気でいられるし、負けられないと思えるし、助けられるし、追い込んでいける気がします。







ってか、一番大きいのが、練習自体が超燃えるものであって、楽しいものとなることかな。






もちろん、『あひゃー!楽しくて仕方ねー!』って楽しさじゃないです。そうじゃなくて、・・・なんていうかな・・・、ちょっと言葉で言い表せない感じのこと。






あえて言うなら、『オレらは、今、めちゃくちゃ頑張ってるよな!』って感じの楽しさ・・・かなぁ。










言いたいのは、仲間(ライバル?)の存在が、雰囲気を変えて、自分を刺激して、練習を変えていく。結果、いろんなことでプラスにつながっていくんじゃないかってこと。







うん、きっと、そうかもしれないな。

















これって、今までなんとなくは気づいてはいたけど、明確に意識することがなかったことだったかも。







そーいうことって、きっと多いんだろうな。







たぶん、今こうしている中で、今の自分にとって、かなり重要なものがたくさんあるんだろうけど、そのほとんどは、まったく意識されないこと。






ただ、なんとなく存在に気がついてるんだけど、それが何なのかも分からないし、分かろうともしない。








で、なくなったり、ちょっと違くなったりすると、気づかされるって感じのこと。










うーん。また哲学的になってきたけど、それってもったいないことなんだろうな。







やっぱ、そーいうこと、ひとつでも多くを分かれば、自分や場をもっとよくできると思う。







ま、分かろうとして分かるものでもない気がするけどさ。






















んなわけで、だらだら長く話してしまった。







ホントは今日のことも話したかったのに・・・。ま、いいや。







では、今日はこれにて。










にしても、あー!今日は疲れたー!






ぐっすり寝るぞー!








人気ブログランキングへ
posted by SKYRUNNER at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝えたいコト 〜自信作〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その気持ちすごいわかります!笑
陸上のおもしろさはそういうとこが意外と大きいんじゃないかって思います
自分一人じゃこなせなかっただろう練習ばっかです(^^)
Posted by カサゴ at 2008年07月03日 18:57
>>カサゴ殿

そうですか!
やはりみんなそう思うんでしょうね、きっと。

自分も、一人だったら、ここまで強くなれなかったなって、この記事書いていて思いました。
Posted by SKYRUNNER at 2008年07月04日 19:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102021583

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。